BRAND CONCEPT ブランド名の由来は、常に進化を求め、「感性、感覚、雰囲気」で生きる人種を意味している。 その時、その瞬間で感じるものを、独自のライフスタイルからくる思考で造形、具現化していくことをコンセプトとしている。 Known for blending streetwear designs with outdoors influences and highly technical materials, Man of Moods was launched by Fukuyama, who was a professional snowboarder for 10 years.




HISTORY
2004 クリエイティブディレクター福山正和によりブランド設立。
2008 東京代官山に直営店である WORK SHOP DAIKANYAMAをオープン。
2010SS 以降、デザイン、ブランドディレクションを福山正和が兼任。
2013 更なる進化を念頭に、本社機能を東京代官山から、群馬県みなかみへと移す。
2004 Masakazu Fukuyama introduced his first collection.
2008 Flagship store, " WORK SHOP DAIKANYAMA" was launched in Daikanyama, Tokyo.
2010SS PRESENT: Masakazu Fukuyama is responsilbe for both designing and brand directing.
2013 For further growth of the brand, the HQ/Design office has been relocated from Tokyo to Minakami, Gunma-pref.


福山正和
99/00 JSBA中部地区大会優勝、99/00 JSBA全日本選手権優勝。 01年度スノーボード国際大会X-TRAIL JAM in 東京ドームクウォーターパイプ日本人招待選手21人中1位、BigAir2位、決勝進出などの好成績を残し、NIKE、TIME-X, DCSHOECOUSA等10社との契約を結びトップス ノーボードライダーとして10年間活躍。同時期にメンズノンノ、スマート、ポパイなどモデルとしてファッション誌を中心に活躍後、独学で洋服を学びMofM(man of moods)を立ち上げる。 2016年4月megabass社との正式プロ契約を結び、渓流プロフィッシャーとして活動の場を更に広げる。
The Designer
Masakazu Fukuyama: He had shown outstanding career as a top snowboarder for 10 years signing contracts with 10 major companies, including NIKE, TIME-X and DCSHOECOUUSA.Later on, while starting a career as a fashion model for major Japanese fashion magazines, such as Men's Non-no, Smart and Popeye, he educated fashion himself and launched MofM (man of moods). In Apr 2016, he officially signed a professional contract with MEGABASS as a pro mountain stream fisherman. He continues to expand successful opportunities in various fields.
このページのトップへ