MADE IN JAPAN 群馬シルクインサレーションジャケット

日本一の蚕糸県である群馬県。

拠点を東京から群馬県に移してからMofMは初めて群馬シルクと出会いました。

明治5年、富岡製糸場設置後、日本の経済基盤をも支え、近代国家としての発展に大きく貢献したシルク。

近年、安価なシルク製品輸入が進み産業の衰退が著しいのも事実です。

日本の優れた品質と技術に感謝し、協力し、新しいものを創造することもブランドとして大切な事だと思っています。

シルクは長時間の使用によるへたりが起こりにくく、保温性、吸湿性、放湿性、消臭、抗菌効果がある素晴らしい天然素材です。

この特徴を最大に活かし、表地には撥水タフタを使用したのがシルクダウンジャケット_TYPE1

シルエットはタイトに脇腹部は機能性ストレッチ素材で動きやすく。

群馬ローカル、東京アーバンが融合する高品質ジャケットです。

 

 

公式ウェブショップでご購入頂いた商品はすべて

みなかみ町藤原山中のアトリエにてスタッフが心を込めて 梱包、出荷させて頂いております。

みなさまのご利用、お待ちしております。
: MofM(manofmoods)
: mountain of moods
http://www.manofmoods.com
http://www.manofmoods.com/blog/
https://www.facebook.com/manofmoods
http://instagram.com/mofmmanofmoods
: Designer’s SNS
https://www.facebook.com/neoblkman
http://fukuyama.blog.houyhnhnm.jp/
http://mofm-manofmoods.tumblr.com

 

 

群馬県は桐生、「高機」手織機にかけ、手織りで一つ一つ作品を創っています。

16/17AW 展示会 itemeのご紹介。

houyhnhnm BLOG↓↓

http://fukuyama.blog.houyhnhnm.jp/entry/2016/02/19/075137

群馬県は桐生、「高機」手織機にかけ、手織りで一つ一つ作品を創っています。

 

群馬シルク100%、「きびそ」マウンテンストール。

 

「きびそ」とは生糸の原材料となる繊維を繭からたぐる糸口の部分で、蚕が繭を作るにあたって最初に吐き出す糸のこと。バージンシルクですね。

 

水溶性のたんぱく質が豊富に含まれ、 保湿力に優れている上に紫外線吸収力や抗酸化作用があると言われ、今日では、スキンケア商品の成分などに活用されいます。

 

肌に優しく、保温性、保湿性、消臭、抗菌効果、紫外線吸収。

軽やかで立体感のある手織りならではの絹製品を体験してみてください。

 

/

群馬県はシルクの街:「富岡製糸場と絹産業遺産群」(群馬県)を世界文化遺産に登録。明治期の高い技術革新と、海を越えて絹産業の発展をもたらした歴史的価値が世界に認められる。
https://retrip.jp/articles/1072/

2016-02-18 16-08-59 2016-02-18 16-12-20 2016-02-18 16-15-50 2016-02-18 16-21-09 DSCF0398 DSCF0404 DSCF0405 DSCF0407