群馬県は桐生、「高機」手織機にかけ、手織りで一つ一つ作品を創っています。

16/17AW 展示会 itemeのご紹介。

houyhnhnm BLOG↓↓

http://fukuyama.blog.houyhnhnm.jp/entry/2016/02/19/075137

群馬県は桐生、「高機」手織機にかけ、手織りで一つ一つ作品を創っています。

 

群馬シルク100%、「きびそ」マウンテンストール。

 

「きびそ」とは生糸の原材料となる繊維を繭からたぐる糸口の部分で、蚕が繭を作るにあたって最初に吐き出す糸のこと。バージンシルクですね。

 

水溶性のたんぱく質が豊富に含まれ、 保湿力に優れている上に紫外線吸収力や抗酸化作用があると言われ、今日では、スキンケア商品の成分などに活用されいます。

 

肌に優しく、保温性、保湿性、消臭、抗菌効果、紫外線吸収。

軽やかで立体感のある手織りならではの絹製品を体験してみてください。

 

/

群馬県はシルクの街:「富岡製糸場と絹産業遺産群」(群馬県)を世界文化遺産に登録。明治期の高い技術革新と、海を越えて絹産業の発展をもたらした歴史的価値が世界に認められる。
https://retrip.jp/articles/1072/

2016-02-18 16-08-59 2016-02-18 16-12-20 2016-02-18 16-15-50 2016-02-18 16-21-09 DSCF0398 DSCF0404 DSCF0405 DSCF0407