第一回「宝台樹ファンクルージング」!

先日の2月1日、MofM本社至近の宝台樹スキー場にて、
はじめての「宝台樹ファンクルージング」を開催いたしました。
イベントというイベントでもない、むしろ趣味の集まり的な、
いわゆる「ゆるい」こちらの会。初回も緊張感なく(良い意味で)、
おもった通りの良い会となりました。

当日は、MofMをお取り扱いいただいている代官山のSHOP、
CONNECTEDのKEISUKEさんにもご参加いただきました。
その様子をBLOGに掲載いただいているので、こちらもあわせてみてみてくださいね。

では、当日の様子です。(画像少ないです…ごめんなさい)

開催日は晴天!
8時30分位にWORK SHOP MINAKAMI駐車場に集合。
からの、歩いて一番近いリフトまで歩きます。
DSCN2716
ちなみに、一番近いリフトとは、下の画像の右下にある第1ペアリフト。
スクリーンショット 2014-02-05 12.40.46
このリフトは、WORK SHOP MINAKAMIから歩いて5分程。
程よい上り坂で、リフトに到着する時にはウォーミングアップを完了できるという、
素晴らしいシステムを採用しています。笑

到着後はリフトに乗って、のんびり滑ります。
ガツガツ度ゼロです。ゆっくりのんびり滑ります。
DSCN2722DSCN2719
いろんなリフトに乗って、滑って→休憩。
DSCN2723
休憩場所は、MofMがお薦めする休憩スポット。
宝台樹ローカルの前原大和くんがやっているレストランマーモットです。
大和君は、HEAD SNOWBOARDSのライダー。下記に紹介が出ています。
「前原大和というライダー」というところ↓。
http://sbn.japaho.com/sbn/blog/headsnowboards/
晴天の中、雑談につぐ雑談。
やはり、スノーボード関連の話題が多かったですね。
DSCN2721
休憩後もぼちぼち滑り、この日は、午前券の時間で流れ解散。
この辺のこの会の良いところ。終了時間は雰囲気次第です。
あがる人はあがる。滑る人は滑る。です。

終わったあとは、WORK SHOP MINAKAMIへ立ち寄っていただき、
DVDをみたり、COFFEEを飲んだり、洋服をみたり…。
楽しい一日でした。

次回の開催日は未定ですが、決定次第、告知をしますので、
みなさまふるってご参加下さい!

ちなみに、「宝台樹ファンクルージング」は特に参加資格はありません。
スキーでもスノーボードでもどちらでも可!です。

お待ちしてます!

1655982_503610889757474_1339674995_n

服部

「宝台樹ファンクルージング」のお知らせ。

今後、不定期で何度か開催しようと考えております。
「宝台樹ファンクルージング」

ファンクルージング_003
WORK SHOP MINAKAMIから至近距離にある「宝台樹スキー場」での開催です。
この集いの目的はただ一つ→皆で楽しくゲレンデを滑ろう!です。
ファンクルージング_003
スクールとかツアーでもないので、これと言って参加資格や、参加料金はかかりません。(リフト券代は自己負担です)イメージ的には、スノーボードサークル的な雰囲気ですね。とにかく、堅苦しいことは1mmもありません。見ず知らずの人同士でも、スノーボードという共通言語があります。楽しく滑って情報交換して…などなど。
気軽にご参加下さい!
第一回目は、2月1日土曜日です!
ファンクルージング_003

当日、こんな日↓になればいいな。なんて思います!
1.13

お問い合わせ:
WORK SHOP MINAKAMI
TEL:0278-25-4454
info@manofmoods.com
ファンクルージング_004

3月9日:MofM STEP UP POWDER TOUR番外編。

東京:先ほどまでは空が茶色がかった黄色でした。
黄砂だとかそうじゃないとか。

さて、
昨日3月9日。
MofM STEP UP POWDER TOURを行いました。
前回(1月末)のツアーが好評であったため、急遽の追加開催となりました。
今回も前回に引き続き、山岳ガイドの永井拓三氏にお願いした次第です。
では、当日の様子を画像でご覧ください!

天気予報では、前日は雪が降り→当日は、曇りか晴れ。
となっており、到着した明け方の時点では、細かい雪が降っておりました。
天気がどうなるのか…..?
と考えつつも集合→開会式。

諸々の注意事項、今回のツアーの流れ等を確認し、ロープウェイへ向かいます。

今回は、フリークスストアの鹿島社長にもご参加頂きました!

ロープウェイ内でのギア談義。

レジェンドライダー:石川健二氏。
わたくし(服部33歳)が高校生ぐらいの頃からのスターです。
ちなみに、健二さんが着用しているのは、MofM EXTREME LINEのツナギ。

そして、保坂亮馬氏。今は八甲田を中心に活動しています。
ロープウェイ→ゴンドラ→リフト→リフトを乗り継ぎ、
ハイクアップスタート地点に到着。
ハイクアップの準備です。
そしてこの時には、雲もなくなり快晴!

ゲートをくぐり、ハイクアップ開始です。

先日の遭難事故を受け設置された看板。

雲がねけ、絶景をバックにハイクアップ。

ひたすらに登って、第一休憩地点に到着。
右に見えるのが、苗場山です。
絶景バックに記念撮影!

休憩終了→さらにさらに登っていきます。

目指す頂はあちら!(左側)
ラストスパートの前に昼食休憩。


セイバージャケット:NAVY
MofM ×MOSS 廣田鉄平「Qシリーズ」Q505
そして、こんなアトラクションも…..ナイスでした。

当ブランドディレクター:福山が写真を撮ってくれました。→滑っているのは服部。
のぼり再開。
目的地到着!
暫し休憩したあとにドロップイン。
アドベンチャーのスタートです!

緩急があるアドベンチャー的斜面を滑り降り、コースに戻る直前のカモシカ!

滑り終えたあとは、歩いてコースに戻り、駐車場まで戻ります。

ツアー終了!!
天気、ハイクアップ、斜面、参加者の皆さんの笑顔、全て最高でした。
春の雪もまたたのしい!

しかし今回も最高のツアーになりました。
本当におもしろく、良い時間を過ごすことが出来ました。
毎週末がこうであれば、最高でしょう。
ガイドの永井さんに感謝です。

そして、夕日に見送られながら東京へ。
月曜日からも良い時間が過ごせそうです。
皆さんお疲れさまでした。

STAFF服部

POWDER TOUR 2nd終了→最高の週末でした!

皆様、充実した週末を過ごしていますか?

1月26日、27日に新潟県かぐらスキー場にて開催された
STEP UP POWDER TOUR : 2ndに参加された皆様は、
間違いなく最高の週末を過ごしたはずです!!

では写真とともに、最高の週末を振り返ってみましょうか!

まずは初日の26日→天気は雪。
予報では、26日は「降雪」、27日は「曇り」とのことでした。
ということは、 2日目が非常に調子よくなるはず。
誰もがその予報を念頭に置き、期待していたはずです。

まずは、朝一。
ゴンドラ乗り場近くにあるCOLLECTIONハウスにて開会式!

今回のツアーのガイドをつとめていただいた、
山岳ガイド:永井たくみ氏のご挨拶&装備や
宿泊先の和田小屋に持っていく荷物に関してのお話を聞き、
MofMディレクター福山正和
ゲストライダー:石川健二氏からもご挨拶。
開会式終了後、ロープウェイ、リフト、ゴンドラを乗り継ぎ、
今回の宿泊先である和田小屋へと向かいます。
しかしよく降っていました。
到着後早々に和田小屋へとチェックイン!
そして、足慣らしをする為に軽くゲレンデを何本か流すわけですが、
とにもかくにもナイスな降雪です。

足慣らしを終え、全員集合。
そうです、ここで永井氏指導のもと、
アバランチトランシーバー講習がはじまります。
通称:ビーコンといわれるアバランチトランシーバーは、
雪崩に遭遇する可能性がある時には必ず携行する小型の電子機器で、
電波を発信、受信する機能があり、同行者が埋没した場合、その電波で
埋没位置の特定ができるモノです。

アバランチトランシーバーの基本的な性能、使用方法を説明していただいたあとは、
永井氏が隠したトランシーバーを、実際に自分たちが持参したトランシーバーで
検索していきます。
隠されたトランシーバーから発せられる電波を受信しながら、探していきます。
ひたすらに探します。
隠しては探し、隠しては探し、また隠しては探し、をひたすらに続けました。
で、
アバランチトランシーバー講習終了後は、
和田小屋にてランチです!
この和田小屋で食べるランチは、
ゲレンデのレストランで食べるのとは少し趣が違います。
あとで和田小屋内の画像が出てまいりますが、雰囲気が素敵すぎるのです。

昼食後は、永井氏先導のもと、かぐら→田代と、
ゲレンデ内に降り積もったパウダーをいきまくりました。
参加の皆さんは、ゲストライダーの滑りを間近にし、一緒に滑ることを
すごく楽しんでいました!
かぐらスキー場内を縦横無尽に滑りまくったあとは、
そのナイスな余韻に浸りながら、和田小屋へともどります。
↑が昼間は隠れている暖炉。
夜はここの周りでお酒を飲みながらリラックスするわけです。

↓それでもって、夕食のスタートです!
おいしいご飯と、お酒!→大人の贅沢です。

笑いのたえない夕食のあと、少しだけ今日のおさらい→スノーシューに関して。
食事のあとは、ゲストライダー:田中幸さんがプロデュースするDVD
SNOW LAB」の試写会です。
映像がはじまる前に、撮影のエピソードや、作品に対する想い、映像へのこだわりなどの話を直接聞くことができ、参加者以外で宿泊していた人たちも食い入るように
見ています。
からは、さらにお酒も入り、談笑につぐ談笑。
永井氏の山での経験談や、おもしろ話まで…。
暖炉の周りを囲みながら…最高な時間です。
そして夜はふけていきます。

さて次の日の朝!
大雪!
いいじゃないですか!!→予報通り!
→ということはこれから止んでいい感じになる!
いい感じになる!!はずなのに……..
はずなのに….ゴンドラもリフトもうごかず…..
目の前に積もっている雪を指をくわえてみながらの、
和田小屋にて缶詰状態…..待機。
せっかくなんで、持参した「マウンテンアプローチ」の調子を、
石川健二氏に指導してもらう参加者のS氏。
この「マウンテンアプローチ」、最高のギアがセットになっているシロモノで、
わたくし自身も購入したくてたまりません…..欲しい。
この日は、
石川健二氏、福山と合計で3つの「マウンテンアプローチ」がありました。
うらやましい…。
待機するもなかなかリフトは動かず。
みんなの気持ちと裏腹に、相変わらずの風。
待つこと数時間。やっと和田小屋前の2人乗りリフトが運転を開始。
皆、和田小屋より駆け出して乗車→パウダー行きたい放題!!
ゴンドラも運転をはじめ、この日のみの参加者も合流して、
全員でパウダー滑る→パウダー滑る→パウダー滑る→笑顔。
待ちに待ったリフトオープンがどんなにうれしかったか、
そして、どんなに楽しいライディングだったかは、この笑顔が物語っています。

笑顔で昼食をとっている間に、太陽がおもいっきりでてきました。
天気がなかなか良くならない→あげくゴンドラ、リフトも運休
→今回のツアーはもうだめか….?
という前振りが効いていたため、誰もが最高の気分だったはずです。
↓ラストの1本にむけ、リフトを上がり、ハイクアップの準備です。

ハイクアップスタートです。
雲もなくなり、景色丸見え。
気持ちよさ:半端ではありません。
30分ほどの短いハイクアップ→太陽をバックに記念撮影!
そして、最後にして最高の1本にドロップイン!

終わりよければ全て良し。の言葉通りの1本を滑り降り、閉会式です。

田中幸さんからは、ネックウォーマーのプレゼントがあり、
女性の参加者でのじゃんけん争奪戦という一幕もありつつ、
和やかにツアーの締めくくりです。
閉会式が終わる頃、タイミングをあわせたように、ガスが降りてきます。
幻想的な風景のなか、こうして、
1泊2日のSTEP UP POWDER TOUR : 2ndが幕を下ろしました。

今回のツアー、本当に素敵な時間を参加者の皆様と過ごすことができました。
週末にこういう素敵な時間を過ごすことができると、
平日の気持ちも変わってきます。その提案をうまくできたのかな。と、
そして、山岳ガイド、プロのライダーもともに参加することで、
奥行きもあったと思います。
普段は触れることのない、山のプロの話、指導を受け、また
プロのスノーボーダーと一緒に滑ることや、直接の指導で技術も向上することが
できたはずです。現に、女性の参加者のかたは、田中幸さんの指導により、
目に見えるレベルアップをし、本当に喜んでいらっしゃいました。

何はともあれ、
近年稀に見る素敵な週末だったはずです。笑
皆さんお疲れさまでした!またぜひいきましょうね!

MofM(manofmoods)は、
MofM EXTREME LINEを通し、きっかけの提案をし、
実際にアイテムを身につけ使用する場を提供し、
さらに参加していただいた方々がスキルアップできる環境を用意しています。
そして、スキルアップした先の提案にもお応えできるように、ノウハウの蓄積や
STAFFの研修も行っています。冬の雪山だけでなく、夏の提案も用意していますので、
ぜひ機会があれば、ツアーにご参加ください。
何かございましたら、info@manofmoods.comまで。

STAFF服部

注)スキー場でのコース外滑走などは原則禁止です。
毎年それが原因で事故がおきています。
もし行くことがあれば、自己責任となります。必ず必要な装備をもち、ガイドや
経験者と一緒に行くようにしましょう。保険の加入も必須です。

第一回POWDER TOUR@かぐらスキー場。

行ってまいりました!
STEP UP POWDER TOUR!の第一回目
事前にチェックしていた天気予報とはうってかわり、快晴。
最高の一日となりました!

画像ごらんください。


まずは集合して当日の流れ確認です。
ここで注意事項などを説明します。
ロープウェイに乗る為に行列に並びます。

長い行列でしたが、ロープウェイの乗車人数もおおいので、
比較的に早く乗れた気がします。30分待ちぐらいと記憶しています。
ロープウェイを降り、リフトに乗り継ぎです。


ツアーガイドの石川健二氏
わたくしと同世代(30歳前後)のスノーボーダーで、
石川健二氏と福山を知らない人はおそらくいないでしょう。
と言いきってしまってもいいぐらい、名実共にスターです。
ちなみに、この日のウェアーは、セイバージャケット

こちら↓、参加者の装備です。
スノーシュー、ストック、それらを取り付けられるバックパック、
そして、画像には写っていませんが、ビーコンという発信器をウェアーの下に
装備します。もちろん、お持ちでない方はレンタルできます。

リフトを
乗り継いでから、ゲレンデを流し、身体を動かしておきます。
その後、ハイクアップのスタート地点へ移動→装備の準備をします。
 
一列に並び、スタートです。

あとはひたすら、登ったり休んだり、登ったり休んだりしながら、
目的地点に向かいます。



 
休憩含め:およそ1時間半→到着。
決してらくではないハイクアップのあとは、
こんな景色を見れるわけです。絶景。




ここで景色をみながら休憩&軽い昼食を食べます!
でもって準備を整え、記念撮影!→滑り降ります。

滑り降りるにあたって、今回は2班に分かれました。
わたくしは、比較的イージーなところを滑る班の撮影を担当。
滑ったところはこちらです↓

天気が良すぎて、雪がおもくなってしまっていましたが、
皆さん笑顔で!楽しんでいただけたはずです!


2班が合流し、次なるポイントでのハイクアップを開始します。

ここの場所も、1時間ぐらいのハイクアップ。
わたくしは行かなかったんで、登りきった場所の雰囲気はわからなかったですが、
滑り降りてくる皆さんの笑顔を見て、
面白かったということが簡単に想像できました。!よかった!

皆さん、いい笑顔。本当に嬉しいことです!
全員降りてきたあとは、並んで帰りのコースまで歩きます。

でもって、コースを滑り降り、ロープウェイにて下山!→終了!

最高のツアーとなりました。
STEP UP POWDER TOUR!の第一回目。としては、少々ハードだったかな…とも
一瞬だけ考えましたが、参加していただき、実際に体験した皆さんには
この面白さが伝わったかと思います。
確かに、雪が積もっている斜面を歩いて登るのは楽なことではないですが、
登りきった達成感、絶景がくれる爽快感や、
リフトであがった時とはまた違う感覚の滑り。
今までのスノーボードのイメージとはまた方向性が全然違う感じ。
これ….おもしろいな….また行きたい!となっているはずです。

また行きましょう!
来月に第二回目があります!

第二回目は、かぐらスキー場内にある「和田小屋」に宿泊するため、
朝一の一時間は、ゲレンデ貸し切り状態です。
整備されたピステンバーン、あるいは、降れば新雪を独占です。
定員がありますので、なるべく早めにお問い合わせ下さい!

でわ!
STAFF服部

 

STEP UP POWDER TOUR!の第一回目。


とうとうきました!
第一回目は明後日です!
今のところの予報だと当日は曇りか雪のようです。

が、
雪は多く、楽しいツアーになる予感がいたします。

後日、ツアーの様子は画像つきでご紹介いたしますので、
お楽しみにしてください!

STAFF服部

追伸:第二回目のツアーもやばそうです….いい意味でですもちろん。
おってきちんと告知いたしますので、興味のある方は、
メールなりお電話なりでご相談下さいね。

しかし….楽しみな明後日を前に、悪寒がするではないですか。
まさかのあれでしょうか….?風邪。なんとか今晩中にどうにかしよう。
皆様も、ご自愛下さいね。もう冬ですから、乾燥でやられないように、
加湿器とかそろそろ出してくださいね。

でわ。

 

12月5日:スノーボーディング@かぐらスキー場。

行ってまいりました。
かぐらスキー場。
12月15日に第一回目が開催される
POWDER TOUR」の 下見を兼ねてです。
先週の初滑りの時とは違い、天気はいまいちでしたが、
前回より雪は増えており、ツアーのルート確認をすることができ、
かつ、楽しむことができました。

まずは準備を…
 
天気はこんな感じです…。
雪は確実に増えている!

今回の特別ゲスト、P.RHYTHM outerwearのボス:木村さん!
プリズムアウターウェアは、MofM EXTREME LINEから出している
MOSS SNOWBOARDS×MofMのシェイパーである廣田鉄平氏をサポートしている
スノーウェアーであり、MofMとの別注ジャケットも依頼させていただいている
ブランドです。

しばし休憩のあとは、ひたすら登ります。
そして、一時間…..目的のポイントに到着です。

雲はあるものの、絶景。
記念撮影をしまして、

滑り降ります!


つらい登り→絶景→新雪を滑る快感。
何度やってもやめられなさそうです。

ツアーも楽しくなりそうです!
皆様、初滑り終えましたか?
ギアはMofM EXTREME LINEでぜひ。

(本格的にシーズンに突入し、
サイズ、カラー等のかけが出てきております….
お早めにお問い合わせくださいませ。)

STAFF服部
 

POWDER TOUR!のお知らせです。

過去にも、MofMは色々なツアーをやりました。
カート、ラフティング、ウェイクボード、スノーボードと。

今回は、スノーボード!しかも全3回のステップアップ形式です。
詳細はこちら↓これは期待できます…!!

COLLCライダー福山正和、石川健二を中心としゲストライダーとともに大人のスノーボードを提案。SNOWBOARDの根底である雪山を楽しむというコンセプトの元、よりかっこよく大人なスノーボードで、より自然を感じ、良質なパウダーを滑走し、おもしろい地形を滑走してみませんか?バックカントリーには、興味があるけど踏み込めない方、最高の1日を過ごしたい方ぜひご参加下さい。今POWDER TOURはバックカン
トリー初心者の方でも楽しんで頂けるよう全3回のステップアップによる1シーズンを通したTOURになります。

POWDER TOUR詳細
日程:12月15日(土)、1月26日(土)&27日(日)、5月11日(土)
全3回によるステップアップ方式ツアー。

場所:かぐらスキー場

ツアーガイド:福山正和、石川健二、田中幸(1月のみ)、etc

参加料金:12月15日(土)リフト券あり ¥12,000
リフト券なし ¥10,000

1月26日(土)&27日(日)リフト券あり ¥34,000
リフト券なし ¥30,000

5月11日(土)リフト券あり ¥12,000
リフト券なし ¥10,000

POWDER TOUR -1st Track-
滑走ポイント:かぐら第一高速リフト沿い等
*ビーコンの使い方など基本次項を最初にお伝え致します
*ビーコンをお持ちでない方はレンタルもありますのでお申し込みの際ご記入下さい。

バックカントリーアイテムレンタル(1日)
*ビーコン ¥2,000

募集人数:最大15名

AM7:30~8:30   受付(SERVICE ROOM COLLECTION)

AM9:30~9:45   開会式(かぐらゴンドラ山頂駅降り場前)

AM10:00~12:00  ライディングタイム
ガイド:福山正和、石川健二、etc

PM12:00~13:00  ランチタイム
* 各自レストランかぐら、和田小屋等でお願い致します。

PM13:00~15:00  ラインディグタイム
PM15:15    閉会式(かぐらゴンドラ山頂駅降り場前)
PM15:30    POWDER TOUR -1st Track-終了

POWDER TOUR -2nd Track-
滑走ポイント:第5ロマンスリフト付近(少々ハイク)
*スノーシューの使い方など基本次項を最初にお伝え致します。
*ビーコンやスノーシューをお持ちでない方はレンタルもありますのでお申し込みの際ご記入下さい。

バックカントリーアイテムレンタル(1日)
*ビーコン ¥2,000
*スノーシュー ¥2,000
*ストック ¥500

募集人数:最大20名

宿泊先:和田小屋(1泊2食付き)

1日目
AM9:30~10:30  受付(SERVICE ROOM COLLECTION)

AM11:30~11:45  開会式(かぐらゴンドラ山頂駅降り場前)

PM12:00~15:00  ライディングタイム
ガイド:福山正和、石川健二、田中幸、etc

PM15:00~16:00  フリー滑走
* 各自フリーライディング。早めに和田小屋で休憩可能。

PM16:00~18:00 フリータイム(スタッフ:宴会、試写会等準備)
PM18:00~19:30  ディナータイム
PM19:30~22:00 試写会およびビデオクリニック、パーティー
PM22:30     就寝
1日目終了

2日目
AM6:00      起床
AM6:00~7:00   朝ご飯タイム
AM7:15~7:30 参加者全員で滑走ルート確認(和田小屋前集合)
AM7:30~10:30  ライディングタイム(ファーストトラック)

AM10:30~11:30   ランチタイム

AM11:30~13:30   ライディングタイム
PM13:30~14:00   閉会式、記念撮影

POWDER TOUR -3rd Track-
滑走ポイント:第5ロマンスリフト付近(少々ハイク)
*ビーコンやスノーシューをお持ちでない方はレンタルもありますのでお申し込みの際ご記入下さい。

バックカントリーアイテムレンタル(1日)
*ビーコン ¥2,000
*スノーシュー ¥2,000
*ストック ¥500

募集人数:最大20名

AM7:30~8:30  受付(SERVICE ROOM COLLECTION)

AM9:30~9:45   開会式(かぐらゴンドラ山頂駅降り場前)

AM10:00~12:00  ライディングタイム
ガイド:福山正和、石川健二、etc

PM12:00~13:00  ランチタイム
* 各自レストランかぐら、和田小屋等でお願い致します。

PM13:00~15:00  ラインディグタイム
PM15:15     閉会式(かぐらゴンドラ山頂駅降り場前)
PM15:30     POWDER TOUR -3rd Track-終了予定

キャンプでのご注意事項
*必ずご確認下さい。
☆キャンプは、定員になり次第締め切らせて頂きます。 事前にお問い合わせの上お申し込みをお願い致します。
☆悪天候、その他やむを得ない事象が発生した場合、 キャンプを中止する場合がございますので予めご了承下さい
☆積雪・天候・ロープーウェー・リフト運行状況等により受付及び集合場所が変更される場合がございますので受付の際 ご確認をお願い致します。
☆キャンプ参加の際 ヘルメット、プロテクタ、等装着を各自にてお願い致します。
☆各自傷害保険に加入をお願いいたします。
☆遅刻、早退は払い戻し致しかねますので予めご了承下さい。
☆天変地異、必要な降雪量等、管理できない事由により講習の安全且つ円滑な実施を図る為、止むを得ない場合は講習を中止または内容を一部変更する場合がございますので予めご了承下さい。
☆諸事情により全工程中止の場合はお預かりの参加費用を全額返金を致します。
☆お客様の都合により受付及び集合時間に遅れる場合当日9時までに連絡をお願い致します。
*尚、開催キャンプ当日はロープーウェーの混雑が予想される場合がございますのお早めの出発、受付及び集合をお願いいたします。
☆免責事項次の場合には、かぐらスキースクール及びcollcは責任を負いません。
* 天才地変、不可抗力による事由によって生じた損害、盗難、傷害、疾病等でお客様の故意又は過失によって生じた損害、お客様の法令または公序良俗に反する行 為によって生じた損害、運送、宿泊機関等当社以外の責めによって生じた損害、その他事項に関しましては法令または一般の習慣によります。

●お問い合わせ、お申し込み●
IR-COLLECTION.inc
mail:
TEL:03-3463-8853
FAX:03-3496-2278
担当:仲村

お申し込みはこちら↓
エントリーフォーム
http://collc.com/weblog/2012/10/powder_tour.html